インバウンド観光の意味

インバウンドという言葉を耳にしたことがある人も多いでしょうが、この言葉が何か分からない人も多いでしょう。
そこで、インバウンドについて説明してゆきます。

今までに培ったノウハウを活かし、インバウンドの観光を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

インバウンドという言葉は、外から中に入ってくるという形容詞で、主に経済用語として使われ、最近では、中国の旧暦で言う正月である春節により、中国人観光客が日本に殺到し、都市部の百貨店で大きな買い物をする光景が見られましたが、これは中国からのインバウンド効果が得られたいうことになるのです。観光と買いものという広い側面においてインバウンド効果が得られています。

NAVERまとめについての情報はこちらです。

観光では交通機関、宿泊施設、外食産業、その他観光施設でお金を使い、買い物としては、主に日本製品を購入し、ブランド製品や、家電製品を爆買いする姿が見られました。
この経済効果は、数千億円とも言われ、逆の意味のアウトバウンドに比べて比率が低いことから、現在、金融市場が活況で、株高の日本に、中国をはじめとする多くのアジア人富裕層が日本を訪れ、訪日により経済効果を高めるため、国としても訪日外国人の観光推進を図っており、2020年までに2500万人の目標値を設定しています。

経済成長がある程度進むと、国内のみで経済を維持することが難しくなり、少子高齢化が進むことはどの先進諸国でも同様で、それだけに海外からの需要を高めなければいけないのです。

旅行関連のみならず、金融用語やコンピューターネットワークなどにも広く使われる言葉です。