新聞折込チラシの料金はどうなっているのか

新聞折込チラシは、全国の大勢の人に向けて広く宣伝活動をすることもできますが、一部地域の人たちに向けてターゲットを絞った宣伝活動もできます。

他の媒体ではできない広告効果が得られるので、地域のスーパーマーケット等はよく新聞折込チラシを利用しています。

料金については、まずチラシのデザイン費がかかります。

新聞折込の料金に関する情報が満載のサイトです。

これは自分でデザインを考えて、パソコンでデータを作っていけばもちろん払わなくても済む費用です。


ただ、気合の入った新聞折込チラシを作ろうと思うなら、数万円かけて専門のデザイナーさんにお願いするのがいいでしょう。


宣材写真の撮影からしてくれるところもあって、手間がかからないというメリットがあります。デザイン料は、B5サイズの両面で10万以下が多いです。

印刷にも料金がかかって、これはサイズによっても違いますが、使用する色数によっても細かく値段が分かれています。

一般的な用途の印刷なら、10万程度見ておけばいいのではないでしょうか。
その上で、折込料金が必要になるわけです。

これは都道府県はもちろん、市や区によっても微妙に値段が違っているので、自分がターゲットとしたい場所の値段を調べておかないといけません。

だいたいは一枚4円ぐらいが相場になっていますから、そのつもりをしておけばいいでしょう。



あとは自分が何戸にチラシを配りたいかで計算をすればいいのです。

こだわるならYoutubeの情報を見つけよう。

総合すれば三十万程度はかかりますが、これでも広告では比較的料金が安くつくほうです。