会社設立を安価な費用で行うには方法があります

会社を設立するとなると、無条件に株式会社設立をイメージする人が多いのではないでしょうか。

現在の日本では、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4つの形態が認められています。現実には、合名会社や合資会社は出資者に無限責任を求めるところから、新たに作る人は皆無と見ていいでしょう。現に存在している会社を見る限り、株式会社の比率が圧倒的に多数を占めています。ただ、合同会社設立というのも無視できない選択肢になるのです。

2006年の法改正で認められた形態の会社です。メリットには、設立費用が株式会社よりも安価な点や、利益分配を柔軟に行うことが可能である点があります。小規模会社の起業に向いているとされております。最近では設立が非常に増加していて、中には社会的に名の知られた会社でもあえて合同会社に組織変更をするところもあるほどです。

株式会社に比べて、設立にかかる費用が安くて済むのは人気の理由の一つです。電子定款を利用するのであれば、登録免許税の6万円だけで完了します。さらに経営の自由度が高いことも大きな特徴でしょう。株式会社であれば、株主の株数に応じて配当をしなければなりませんが、合同会社の場合は事前に決めておくことで出資金額とは無関係に配当を行うことができるのです。

会社設立に際しては各種の費用が発生することは避けられません。ただ、少しでも節減していく方向を模索することは極めて重要です。合同会社洗濯はその一つの可能性を示しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *