株式会社の会社設立に最低限必要な費用

株式会社の会社設立で最低限必要な費用とは「登記費用」です。

個人業から法人業成りなどで登記費用だけでよい場合は、この会社設立の費用だけで株式会社を設立することが可能です。株式会社の設立登記は、「設立項目の決定後に定款の作成・認証を行い、登記書類の作成」をします。その後、「会社設立登記を行い、開業の届け出をする」という流れで行います。

この時に必要になるのが、紙の定款の場合は「定款の認証手数料:50、000円・収入印紙代:40、000円・定款の謄本手数料:約2、000円・登記の際の登録免許税:150、000円」の金額が必要です。電子定款の場合は「定款の認証手数料:50、000円・収入印紙代:0円・定款の謄本手数料:300円(保存料)※謄本の請求は1部約1、000円・登記の際の登録免許税:150、000円」の金額が必要です。このように、自分自身で会社設立の登記を行うと200、000円以上の金額が必要になります。この手続きは代行業者に依頼することも可能です。

電子定款を作成する時は専用の機器を購入する必要があるので、逆に費用がかかってしまうことがあるのですが、会社設立の代行業者は電子定款を作成する時に必要な機器を持っているので、代行業者に依頼すれば専用の機器を購入しなくて済みます。設立代行自体は1万円程度の少額で行ってくれます。電子定款で登記の手続きを行う人で専用の機器を持っていない場合は、会社設立の代行業者に依頼するという方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *