会社設立を安価な費用で行う方法があるのです

会社設立を低コストで行うのであれば、株式会社ではなくて合同会社という法人形態を検討するのは、大いに意味のあることです。

というのは、株式会社設立のためには法定費用約20万円が必要ですが、合同会社であればそれが約6万円で可能となります。14万円も安価に会社設立ができるのです。設立が終わってからの税金面などは変わりませんので、設立費用が安いというのは合同会社の大きな魅力と言えます。

なお、一部に合同会社のデメリットとしてビジネス界での認知が十分になされていないという見方がありますが、いまでは年間2万を超える数の合同会社が誕生していっているのです。新規にできる会社の3社に1社は合同会社に当たります。知名度の著しく高い会社もこの会社形態をとっていますが、これらの会社が何らかの不利益を受けているとは考えられません。

なお、株式会社には毎期ごとに決算公告をすることが義務付けられていますが、合同会社には決算公告義務がありません。そこで年間約6万円の節約が可能となるのです。また役員の任期がありませんので、役員の任期ごとに登記の更新手続きをする必要がありません。そして剰余金の分配制限がありません。

このように合同会社には多くのメリットがあります。どちらかというと、少人数で出資する会社に向いているシステムですので、少人数で設立する場合は合同会社が適切であると言えましょう。会社設立には多額の費用が発生するところから、安価に設立できる合同会社は十分に検討に値します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *