会社設立の費用を安くする方法があります

一からビジネスを起ち上げていきたいとか、あるいは個人事業主で進めてきた業務を会社組織に変更したいと考えている人は、実は少なくありません。

ただ、できるだけ会社設立を円滑に、また安価な費用で行いたいとの思いも強く持っているのが現実です。もし自分で株式会社設立をするというのであれば、必要な金額のトータルは約25万円です。

そこには登録免許税、定款認証手数料、定款の収入印紙代の3つが含まれています。ただし、書面の定款ではなくて電子化した定款を公証役場で認証を受けるのならば、収入印紙代4万円は不要となるのです。ということは、自分で株式会社を設立するのであれば、定款を電子認証したら20万少々で可能となります。

とはいえ、電子認証が受けられる環境を整えるためには専用のソフトウェアとツールが必要になってくるのです。それが3~4万円かかりますから、自分で電子認証を受けるメリットはさほど大きくはないこととなります。

さて合同会社設立の場合は、株式会社より設立にかかる費用は安いのは良く知られているところです。合同会社を設立するときの登録免許税は6万円だけで済みます。また合同会社の場合は定款認証の必要はありません。

定款を作る必要はありますが、公証人役場で認証する必要はありませんので、5万2000円が不要となります。書面の定款認証で求められていた収入印紙の4万円も要りません。費用面だけを比べたら、合同会社設立のほうに多大のメリットがあることは明らです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *