会社設立にかかる費用とは~株式会社の場合

会社設立は必要な手順を消化していくと済ませることができます。

ただしその際にはある程度の費用がかかることもあります。かかる費用の金額は設立する会社の種類により異なります。ここでは株式会社を例に見ていきますが、株式会社と言うのは法人格を有しながら、株主で組織された有限責任会社です。では会社設立の際にかかる費用ですが、まずは定款作成にかかる費用が挙げられます。

定款と言うのは会社設立の際には必ず要る書類で、これには会社の設立目的や発起人の名称、住所などが記載されている書類で、会社の憲法とも呼ばれることがある大切な書類です。この定款に収入印紙が必要になるのですが、その代金として4万円が必要です。

ただしこの定款は、現在は電子データとして提出、認証することも可能となっており、電子定款の場合には収入印紙が不要のため4万円の支払いは不要です。それから提出した定款には公証人による認証が必要で、この手数料として5万円の支払いが求められます。これは電子定款であっても必ず支払わなければならない部分です。

そして定款の謄本手数料には1ページ250円の費用が発生するので、定款のページ数分の金額が発生します。更に会社設立の際には会社の登記が必要で、登記とは取引における第三者に不利益を被らせないために、一定の事柄を広く公に示すことを目的に公開された帳簿に記載することです。

株式会社の場合、この登記に15万円が発生します。以上が株式会社設立の際に発生する金額で、勿論、実際に会社を運営していくとなるとこれ以上の金額が必要になることも考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *