会社設立を代行に依頼するほうが安価な費用で済みます

会社設立を検討している人は株式会社を念頭に置いていることが多いようです。

株式会社設立の費用が幾らぐらいかかるのか気になります。株式会社を作るのに最低限必要な費用に登記費用があります。もし、個人事業から法人組織にするというのであれば、登記費用だけで株式会社の設立ができることとなるのです。

設立登記にかかるのは、電子定款の場合は不要ですが、書面の定款ではそこに貼る収入印紙代が4万円、定款の認証手数料が5万円、定款の謄本手数料が約2、000円、登記の際の登録免許税が15万円もしくは資本金額の0.7%となっています。つまり、自分の手で会社設立の登記手続きをするのであれば、合計で約25万円を用意しなければならないこととなるのです。

登記手続きを代行会社に依頼すると設立コストを安くすることが可能です。一見矛盾しているようですが、定款に貼る収入印紙代の4万円については、電子定款を作成することで不要となるのです。一般人が電子定款を作成しようとすると専用のソフトや機器を購入しなければならなくなりますので、余分に出費がかさんでしまうのが通例です。

会社設立の代行会社の場合は、電子定款を作成するための必要なソフトや機器は備えておりますので、購入する必要がありません。しかも、設立代行サービスそのものを1万円程度の料金で実施してくれますので、会社設立にかかる費用は、約22万円と3万円ほど安くなってしまうのです。

すべてを自分で行うよりも手間や出費を節減できるので、設立代行会社を利用するのも意義ある選択であることは言うまでもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *