株式会社設立の費用として

株式会社を設立の費用ということなのですがまずは三つの要素から存在しているということをよく理解しておくと良いでしょう。

一つが資本金であり、もう一つが法定費用であり、最後にそれ以外の費用、と言うことになります。資本金というのは会社に預けているというような形になるのですがこれが昔は最低1000万円必要だったのが株式会社だったのですが今では1円からでも株式会社を作ることは大丈夫とされていますのでこのコストに関しては気にしなくてもよいということになります。

資本金を1000万円未満にしますと消費税の免税業者になったりということがありますので会社設立をするのであればまずは1000万円以下の資本金の株式会社ということにすると良いでしょう。次に法定費用というのが必要になるわけですがこれは登録免許税やその他手数料などに関わるものであり安いものでは200円というのもありますが定款などはやり方によっては5万円以上もかかることがありますので注意しておいた方が良いでしょう。

その他の費用ということになりますがこれはオフィスを借りるコストとか道具を揃えるためのコストなどということになりますからそこまで具体的な金額を言うことはできないのですが、自力で検討をつけて予算を確保しておいたほうがよい事になります。会社設立ですが、手続きを人に任せることも可能です。司法書士などに様々な会社設立の書類作成などを任せられるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *