会社設立の初期費用はいくらくらいなのか

株式会社設立するには、様々な費用がかかります。

まず登記をする時の諸費用で、20万円から25万円と言われています。そして資本金ですが、こちらは1円から認められているそうです。後は会社を運営するための部屋代あるいは備品等にかかるお金もいります。

会社設立は法務局に登記することで完了します。ただ、登記する時には印紙代や色々な手数料、登録免許税などが必要です。また登記のための書類作成も大変ですが、こちらは代行を使いますと楽ですし、全体の費用を抑えることもできます。

そして、登記にかかる大体の総額は20万円から25万円と言われています。会社設立には資本金が欠かせません。こちらは1円から認められているようですが、会社の信用などを考慮しますと数百万円にすることが多いそうです。

統計的な資本金の平均は300万円前後だと言われていますが、最初に必要なお金と会社を3ヶ月は存続させられるお金が資本金の1つの目安だそうです。それから会社設立した後はどこかに部屋を借りたりして、そこに机や椅子を持ち込んで運営するとしましょう。

すると、そのための費用も勘案しておかなければなりません。こちらは会社の規模や種類にもよりますが、統計によりますと約200万円が平均だそうです。以上が会社設立の初期費用と考えられます。登記必要なお金と統計の平均を合計しますと500万円強です。これが現在の日本の平均的な株式会社を設立する時に必要なお金でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *