会社設立に関わる費用について

会社設立に必要な最低限の費用は、大まかに言って「資本金」「法定費」と「その他」の3つです。

まずは資本金から説明します。「資本金」とは、簡単に言うと会社がスタートしたときの運転資金です。ただしこれは会社に預けておくものであり、ただちに使うものではないので会社設立の費用とは呼べないかも知れませんが、必ず必要なお金という意味であげておきます。

現在の法律では1円でも資本金として認められます。一般には資本金が高いほど信頼度の高い会社というイメージがありますが、1千万円未満にしておくと消費税の免税業者になれるなどの特典がありますので、その兼ね合いを考えて設定する必要があります。

「法定費」とは、定款認証や登録免許税にかかるお金のことです。ただし株式会社ではなく合同会社の場合は定款認証が不要です。登録免許税はどちらの会社でも必要ですが、株式会社が15万円(資本金2142万円以下の場合)なのに対し、合同会社では6万円(資本金857万円以下の場合)で済みます。

なお、定款認証を紙でなく電子定款で行うと収入印紙代の4万円が不要となります。「その他」とは、電子定款の作成、実印の作成、印鑑証明書代などのことです。資本金と法定費はほぼ固定であるのに比べ、「その他」は工夫によって安く抑えることができます。

例えば電子定款を作成するには専用ソフトやICカードリーダーなどが必要となりますが、すでに所持していれば購入費はかかりませんし、ない場合も代行に委託するなどの方法で費用を抑えられます。繰り返しになりますが、これらは会社設立のための最低限であり、オフィスの家賃や備品の整備については別途です。逆に言うとそのあたりが不要ならば、上記3つの費用だけで会社設立を行えるということでもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *