会社設立、費用はいくらかかる?

会社の設立を個人が行うことはよくあります。

以前は株式会社を設立するなら資本金がある程度必要などの規制がありましたが、規制緩和の動きにより資本金は0円からでも会社を設立することができます。では、実質0円で会社設立が可能なのでしょうか。実際のところは違います。

会社設立のためには最低限でも20万から25万円のお金が必要です。個人で手続きを行ったとしてもこれらは変わりません。内訳の中で最もウェイトを占める部分は、登録免許税です。これは法務局に会社として認めてもらうための登記申請の際にかかる費用で、最低でも15万円はかかります。さらに定款を作成する場合にも費用がかかります。

通常の定款の作成は4万円の収入印紙代が必要です。さらに定款を正式なものとして認めてもらうための認証手数料が5万円必要となります。そして必要分の謄本代金としておよそ2千円程度の費用がかかるといわれています。

会社設立のためには、これらの費用が必ず必要となるのです。少しでも費用を抑えたいという場合には、定款を電子定款にするという方法がよく知られています。電子定款には収入印紙の貼付が必要ありません。その分の代金が不用となるのです。

ただしメリットだけではありません。個人での電子定款の作成には、時間と手間がかかります。これらの部分だけ代行サービスを利用するなど、賢い選択を取るようにするのがベストです。株式会社の設立は決して0円ではなく、手続きのみであっても最低限のお金は必要ということを覚えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *