会社設立費用の調達法

会社設立費用の調達法として最近俄然注目されているのが仮想通貨の発行です。

仮想通貨というのは誰でも発行することができますし、発行時点で何か特別な費用がかかるわけでもありません。一定の知識さえあれば誰でも特にお金をかけることなく発行できます。もちろん、世の中には多くの仮想通貨が発行されつつありますから、何の価値があるかも分からないものでは多くの人が購入してくれるようなことはないでしょう。

ですが、ここで会社設立と絡めて、その会社ではどんな事業を営むのか、それは世の中に受け入れられて利益が上がるようなものなのかを説明することで、賛同が得られれば、その会社が発行する仮想通貨に興味を持つ人も増えてくるでしょう。

興味を持っただけではまだ仮想通貨の購入には至らないでしょうが、この会社の将来の利益を購入した仮想通貨の額に比例して配分するとか、会社経営上の重要事項の意思決定に関与できる権利を与えるなどすれば、将来性のある有望な会社だと感じることができればお金を出してでも仮想通貨を購入してくれることでしょう。

これによって、会社設立に必要な費用を調達することも十分に可能となります。説明すべき内容は会社の将来性、説明すべき相手はインターネットでつながっている世界中の人々です。将来性を直接世界にアピールすることで、賛同してくれる人からお金を集め、そのお金でもって事業を運営していくことができるようになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *