会社設立時の登記申請に関わる費用について

税金面での優遇を受けることが出来るため、個人事業から法人事業に切り替える時、会社設立登記を行うことで税金の節約を果たせるようになります。

会社設立登記の手続きは様々な費用が必要になりますが、費用の中でも登録免許税のウェイトは大きいと感じる人は多いのではないでしょうか。登録免許税は会社設立の手続きの中でも重要となる登記申請時に必要な費用です。登記申請を行って許可が下りれば、会社設立を国に認めて貰えた証に繋がります。

登記申請を行うと同時に登録免許税と呼ぶ費用が必要になる、具体的にどのくらいの金額になるのか、把握しておくことが大切です。登録免許税は設立を行う時の資本金で決まりますが、これには最低金額が決まっています。基本的には資本金の100分の7になりますが、会社の種類に応じて最低金額を定めてあり、株式会社は15万円、合同会社は6万円です。最低金額だけを見た時には合同会社の方が少ないので有利と感じる人も多いと言えましょう。

資本金は会社の規模や体力の指標になるものですが、仮に資本金を1、000万円で設立登記をしようとした場合、100分の7の金額は7万円になるので、本来ならば7万円の登録免許税を納めれば良いことになります。

しかし、株式会社の場合は最低金額が15万円になるわけですから、納める金額は7万円ではなく15万円になり、合同会社では6万円が最低金額ですから1万円の節約が出来るなどになるわけです。ちなみに、登録免許税はオンライン申請の場合は減額が行われるので少しでも費用を節約したい人はお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *