会社設立に要する費用というと

会社設立に要する費用というとどれくらいの金額を思い浮かべるでしょうか。

人によって差はあるでしょうが、百万円以下の金額を思い浮かべる人は少ないかもしれません。会社設立しても、事業が軌道に乗るまでには時間がかかります。日本の商慣行だけを取り上げて考えてみても、取引の相手先が個人でない限り、何か商品やサービスが売れてもその代金が実際に入金されるのは2ヵ月から3ヵ月程度かかるのが当たり前です。

取引の相手が仮に個人であったとしても、それこそクレジットカードで決済が行われると入金までには結局時間がかかってしまいます。こうなると、少なくとも最初の数ヵ月は自己資金で経営していけるだけの会社設立の費用がないと、どれだけ将来有望な会社であっても厳しいということになってきます。

商品の仕入れとか、店舗を持つならその賃貸料、アルバイトを雇うのならその給料、もちろん自分自身の生活費などまで含めて物を考えると、やはりどうみても百万円くらいのお金などどこに行ったか分からないようになってしまうかもしれません。

ですが、会社設立には絶対にこれくらいの費用がかかるというものでもないでしょう。商品の仕入れについても、自分の決済もカードで行えば先延ばしにすることは可能です。店舗も、実店舗であれば賃貸料もかかるかもしれませんが、ネットショップであれば大きく抑えられるでしょう。アルバイトも別に雇わなくても自分一人や家族のサポートを受ければその分の費用はかかりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *