会社設立にかかる費用は?

会社設立にかかる費用は20万円~22万円程度となります。

これは株式会社を設立する場合です。会社の種類には株式会社のほかに持分会社もあります。持分会社に合同会社・合名会社・合資会社の3種類です。有限会社という形態もありますが、現在では新規で設立することはできなくなっています。持分会社を設立する場合には8万円程度の費用ですみます。会社設立にかかる費用の内訳ですが、収入印紙代が4万円、定款の謄本手数料、登録免許税、公証人手数料となります。

公証人手数料は持分会社では不要です。収入印紙代の4万円は電子定款を作成した場合には不要となります。そのため、電子定款を作成すれば持分会社なら6万円、株式会社なら20万円程度が最小コストとなるでしょう。登録免許税は6万円、株式会社の場合は15万円となります。電子定款は自分で作成すると機材やソフトを揃えるために8万円程度かかってしまい、かえって割に合わないようです。

そのため、会社設立は代行してもらうのがよいでしょう。格安の代行会社なら2000円程度で電子定款を作成してくれるそうです。インターネットで調べたら格安の業者がいくつか見つかりますので探してみましょう。費用だけで作成するタイプを決めるのはよくありません。やはり株式会社が最も社会的な信用度が高いです。法人カードや銀行融資の審査でも有利になるので、コストをかけてでも株式会社を設立することにはメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *