会社設立にはどれぐらいの費用が掛かるのか

自分の会社を持つことは多くの人の夢ですが、会社設立までにはどんな手続きが必要なのか、どれぐらいの費用が発生するのかも知っておく必要があります。

まず合同会社の場合には必要ありませんが、株式会社の場合は定款認証に費用が発生しますし、いずれの会社の場合も登録免許税が発生します。それほど大きな金額ではありませんが、これだけで会社設立ができるというわけではありません。株式会社を作るためには、資本金が必要です。以前は最低1000万円は必要でしたが、現在では1円でも設立することができ、より会社も作りやすくなっています。

資本金は自由に決めることができますが、1000万円以下にしておくと消費税の免税を受けられるなど様々な特典が利用できます。会社設立には法定費用も発生しますが、これは登録免許税や手数料、定款認証などがあげられます。定款は電子定款と紙の定款がありますが、費用を抑えるなら印刷代がかからず保存料金も安い電子定款がおすすめです。この他では会社の実印作成や印鑑証明書などにも費用が発生します。

実印は高級品でなくても良いですが、長く使っていくものとなりますので、あまり安いものではなくある程度の素材のものを選んでおくことがおすすめです。会社設立は自分で行うこともできますが、わからないことがある、難しいと感じた場合は代行業者に依頼するという方法もあります。業者に依頼するとそれだけ高くなるというイメージがありますが、難しい電子定款の作成にも応じてくれますので、トータルではかえって安くなる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *