意外とかかる会社設立の費用

株式会社の資本金が少なくても済むようになった、と聞いたことがある人は多いはずです。

しかし、資本金が少ないのだから誰でも会社が持てる、というほど甘い話ではありません。もちろん自分で会社を持とうとしていない人は、その程度の認識でも全く問題ないわけです。具体的なことまで理解しなければならないのは、自分で会社を興そうとしている人だといえます。最初の段階で、会社設立の費用として何が必要になるのかを理解しておくことが大切です。

つまり、会社設立の費用は思っている以上にかかるものなのです。確かに株式会社の資本金に関しては無料に近く、そのこと自体は間違っていません。ところが、会社設立をするためには資本金以外にも多くの費用が発生します。たとえば会社の憲法と呼ばれる重要な定め、すなわち定款を作成する場面です。定款を自分自身で作成するのだとすれば、文面を考えることは無料でできます。

しかし、定款認証のためにはお金を支払わなければなりません。会社の形態などによっても会社設立の費用は変わってくるので、どのような会社にするのかを意識する必要があります。手続きを進めていく中で考えるのでは、具体的な金額が分からなくなってしまうのです。また、手続きを自分で済ませられる人もいますが、たいていは専門家のアドバイスを求めることになるため、そのための費用も用意しなければなりません。会社設立というのは、意外とお金が必要になる手続きなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *