会社設立にかかる費用を節約するにはどうするか

会社設立は、準備をするだけで大変です。

OA機器をどうするのか、オフィスをどうするのかのほか経営計画をどうするのかなども重要な課題となります。そして、会社設立の費用をどう軽減するかも問題といえるでしょう。会社を興すにあたっては、株式会社を設立するか合同会社を設立するかで費用が違ってきますので覚えておきます。株式会社の設立には、定款認証をする場合には最も安くて50、300円かかります。

そして、登録免許税という税金が150、000円かかりますので最低でも20万円以上はかかってしまいますので小さい会社の場合には株式会社の設立はあまり現実的ではありません。一方、合同会社を設立する場合は電子定款であれば定款認証の費用はかかりません。これは、定款認証を行う必要がないためです。登録免許税のほうは60、000円ほどかかります。資本金が857万円以下の場合、大幅に安い金額で会社設立が可能であるためまずは小さい会社からはじめてみたい場合にはそちらのほうが便利です。

ただ、紙での定款の場合は4万円かかりますので注意します。設立費用を抑えるポイントは、会社設立以外のそのほかの費用をどう抑えていくかということになります。しかし、会社設立のノウハウはなかなか教えてくれません。ですので、経営コンサルタントや税理士などと相談したうえでそうした人々に教えてもらうほうが良いでしょう。会社を設立するための手続きを代行してくれるサービスもありますので、利用するのも手です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *