会社設立代行の運営元は種類がある

会社設立代行業者を調べると、運営元が様々なところを見つけることができます。

一般の会社であることもあれば、士業が運営していることもあります。よくわからない人は、どれを利用すればよいのか迷ってしまうところです。どれを利用するかは、自分が信頼して任せられると判断したところを活用するようにしてください。一般の会社が運営しているケースでは、社内や提携先に士業の方が必ず存在しています。

法律文書の作成を代理することができるのは一定の資格を有している士業だからです。一般の会社が運営しているケースでは、それぞれの分野の専門家がかかわっているため、一括して任せても問題がありません。士業が運営しているケースでは、それぞれの士業が得意とする部分は強いですが、それ以外となると不安もあります。そのため、できれば弁護士と提携しているところを使った方が良いです。弁護士は法的に問題がない定款かどうかをチェックすることができます。

士業が会社設立代行をしている場合でも、提携しているところは多いですので、チェックしましょう。会社設立代行で気を付けておきたいのは、登記ができる司法書士が関与しているかです。登記申請は司法書士しかできませんので、間違いなく行われるためには提携しているか社内にいなければなりません。中には行政書士などが、発起人本人であるとして登記の部分も自分でやっているケースがありますが、それはトラブルのもとですから利用しないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *