会社設立代行のメリットは自分でやらなくてよいこと

会社設立代行業者は、自分の代わりに設立に必要な手続きを代行してくれます。

そのため、会社設立に必須の会社法の知識を持っていない方でも会社を作ることができます。代行をしているのは士業の方です。士業といっても種類がありますが、行政書士や税理士、司法書士や弁護士などが行っているケースが多くなっています。会社設立代行を利用する際には、どこまでやってもらえるかを調べておきましょう。士業ではやれることがそれぞれ異なります。

行政書士や税理士は、定款の作成や認証の手続きを代わりに行うことは可能です。しかし、登記の申請書類の作成や代理は司法書士や弁護士しか行うことができません。そのため、単独でやっていて特に提携していないケースでは、定款の作成・認証の手続きまでしか行ってもらえないです。しかし、これらの士業であっても、提携しているケースは多いです。また、業者の運営を複数の士業で協力してやっているケースもあります。

その場合は、それぞれの強みを生かしてもらうことができるため、特に困ることはないでしょう。ただし、こういったところはやや高い傾向にありますので、予算と相談して利用先を決めましょう。良くない業者は、その資格ではやることのできない登記書類作成、申請業務まで行っているところです。これは、法律に違反しているだけではなく、大切な登記手続のミスによるトラブルが起きる可能性があります。したがって、利用するにあたっては登記はどうしているのかを確認してから利用しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *