会社設立は代行で負担を軽くできる

会社設立のために必要な書類はたくさんあるので、楽に設立させたいのであればそれらの手続きを代行依頼したほうが早いです。

会社設立で代行を依頼できるところは、税理士や社労士、司法書士などです。税理士に会社設立を依頼した場合、その後の会計や決算、税務関係の申告などをまとめて相談することができます。ずっとお付き合いしたい税理士がいれば、その人に依頼するというのもいいでしょう。社労士の場合は社会保険や厚生年金、雇用保険のプロなので、会社設立の代行と共にこれらの手続きも一緒に依頼できます。

また、助成金の申請など会社関係の他の手続きもお願いすることが可能です。法人の登記手続きまで代行してもらえるのは司法書士だけです。登記も自分でするのは難しいという場合は司法書士がいいでしょう。依頼するにしても基本的な会社設立の流れは知っておいたほうがいいです。なぜなら手続きは登記だけではなくその前後でやらなければならないことが山ほどあり、手続きする場所も法務局だけに留まらないからです。代行を依頼するにしても、ある程度は自分で動かなければなりません。

例えば登記前には公証役場で定款認証を行う必要がありますし、登記後は税務署や都道府県・市町村の税務署に設立届を出さなければなりません。年金事務所や労働基準監督署、健康保険組合にも同様に設立届を提出します。他にも金融機関には法人口座を開設するなど、やることは登記そのものだけではありません。すべて滞りなく進めるためにも、流れを知っておき必要なものを前もって準備しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *