会社設立代行でやってもらえること

会社設立代行は、会社の設立を代わりにやってもらえるサービスです。

一般の会社や士業が運営しています。一般の会社が運営しているケースでは、社内や提携先に士業がいるので、結局作業を行うのは士業の方です。行政書士や司法書士、弁護士、税理士など、様々な業種がかかわっています。まず会社設立代行で行うのは、定款の作成です。定款は会社のルールを定めるもので、必ず作る必要があります。

そして、作った後は公証役場で認証を受けて会社設立登記を行えば、法的に会社ができます。代行業者は、これら一連の手続きを代わりに行ってくれるので、自分は面倒な手続きを行わなくても良いのがメリットです。自分でやるよりも安くなるケースもあります。電子定款を使えば印紙代がかからないので節約になりますが、そのためのソフト等を入手すると結局は浮いた分以上のお金がかかります。しかし、代行業者は電子定款を使っているのが基本で、加えて料金を安く設定していることも多いです。

その結果、自分で会社設立をするよりも安く済ませられることがあります。利用する業者を選ぶ際には、信頼できるかどうかを見極めましょう。丁寧に説明をしてくれて、単純作業で行わないようなところが信頼できます。ホームページで細かく解説をしているようなところは、その期待が持てますので利用するにあたっては見比べてみましょう。直接質問をした時に、しっかりと説明してくれるところも安心できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *