会社設立を代行業者に依頼すると良いこととは

会社設立には書類の作成と申請手続きが必要です。

会社設立自体は自分で行うことも出来ますが、解決しなければならないことを一つずつ行うのは時間を要しますし、役所回りを行うなど、何度も同じ説明を行って相談したのにも関わらず、理解出来ない回答を貰って悩むなどのケースも多いのです。設立登記までの道のりは決して難しいものではないのですが、書類の作成や申請手続きなどで時間を要することも少なくありませんし、いち早く法人事業をスタートさせたい時などは焦りが生じるケースもあります。

設立代行業者は、こうした苦難の道のりをすべて代行してくれる便利な会社です。最初から設立に関わるすべての作業を丸投げ出来たら、設立後の会社経営の準備を進める時間を作ることも可能になります。会社設立に関する書類作成ならびに申請手続きは行政書士の資格を持つ人が担当をするケースが多いのですが、行政書士は税理士や社会労務士などの仕業資格を持つ人々と互いに協力し合いビジネスを手掛けています。それぞれの仕業資格には独占業務がある、特定の領域を超えての仕事が出来ません。

例えば、税理士などは税務相談や税務書類の作成は独占業務として行えますが、これらは税理士の資格がなければ出来ません。設立代行業者に会社設立の代行を依頼することは、設立後のコンサルティング役になる税理士や社会労務士などに知り合えるチャンスと言えましょう。尚、設立代行業者は多数あるので、数社を比較するのもお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *