会社設立代行での収入印紙代

会社設立の手続きを代行サービスに頼むと3万円も節約できます。

近年ではあらゆる書類をパソコンを使って簡単に作成できる時代になってきています。書類作成のために必要な知識もひな形もインターネットで検索すれば簡単に無料で調べることができます。少し調べるだけでなんでもお金をかけずとも無料でできるのですが、会社設立に関する定款の作成だけは手数料を節約しようとして自分で行うと逆に3万円も損をしてしまいます。

公証役場へ支払うことになっている定款認証手数料や法務局で支払う登録免許税を合わせると計20万円は必要になります。これは代行サービスを利用しても、自身で行なってもかかってくる費用です。合計金額を見ていると、自身で手続きをした方が32400円も高くなっていることがわかります。会社設立の手続きをするとなると収入印紙の費用として40000円かかることからこのような違いが生まれています。

代行サービスに依頼することで収入印紙代の40000円が必要とならない理由は今まで紙媒体で作成していた定款を電子定款という形で公証役場へ提出していることが理由です。定款の原本は印紙税法で一通あたり40000円が課税されるのに対してデータの中に存在している電子定款は課税対象となる紙媒体がないために印紙を貼ろうとしても貼るところがないという理由になります。これを聞くと自身で電子定款を作成できるのかと考えてしまいますがこれはできますが簡単なことではないと言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *