会社設立代行を利用するメリットは多い

会社設立の代行をしている業者があります。

多くは士業の方が行っていて、行政書士や税理士、司法書士や弁護士などが行っています。代行を利用するメリットは、自分で手間をかける必要がないことです。手続きを行うためには定款の認証や登記申請をしなければなりません。これを代行サービスでは代わりに行ってもらうことが可能です。また、自分で会社設立をするよりも安くなるケースもあります。電子定款を利用すれば、定款印紙代がいらないのでその分安くなりますが、自分で電子定款を作成するための機材を用意するとなると、その安くなる分を超えてしまうことがあります。会社設立代行サービスは電子定款を用いていますが、サービス料金は紙の定款で認証をした場合との差額よりも低くなっているため、自分で電子定款の認証を行えないケースでは利用したほうが安くなります。

格安でサービスを提供しているところが安い理由は、大量に仕事を請け負っている場合や、将来のお付き合いを前提としている場合の二つがあります。大量に扱っている場合は、一件当たりのコストを抑えることが可能です。将来のお付き合いの場合は、例えば顧問契約を利用してもらうことでそちらで利益を上げて、会社設立は安く行っても利益を上げられるようにしています。どこの代行サービスを利用するかは自由ですが、司法書士や弁護士が関与しているところを利用すべきです。登記申請の代理は司法書士や弁護士しかできないので、税理士や行政書士がやっているケースでは、その部分をきちんとそれらの士業を使っていないと違法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *