会社設立代行で安く依頼できるケースがある

会社設立代行業者を利用すると、自分で会社設立を行うよりも安く済ませられる場合があります。

それを可能としているのが電子定款の活用です。会社設立代行業者を利用する場合、自分で行うのと同じように実費は負担しなければなりません。代行業者はほとんど電子定款を活用していますが、電子定款の場合は認証に印紙代がかかりません。つまり、その分コストを抑えることが可能です。電子定款を活用して印紙代が浮いたとしても、代行業者を利用する費用がそれを超えてしまえば自分でやるのとコスト的に差異はありません。しかし、多くの場合、その浮いた分以下で収まり、中には1万円程度で行っていることもあります。電子定款の機材を導入するのには場合によっては浮いた分以上のお金がかかってしまうことを考えると、それらを持っていない場合、業者に依頼した方が安くなることになります。

メリットはそれだけではありません。煩雑な会社設立に必要な手続きを代わりに行ってもらうことができるので、自分は別のことに力を入れることが可能です。例えば、会社設立後のことに注力しておくこともできます。それに、一から自分で覚える必要がなく、正確に行ってもらうことができるため、自分でやるよりもかえって正確でそれでいてコストを抑えて利用可能です。このようなメリットがあるため、代行業者を利用することは悪くありません。実際に多くの方が業者を利用して新しく会社を設立しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *