会社設立代行業者を利用すれば3万円程安くなる

通常会社設立に必要な定款の認証を公証役場で行ってもらう際には、定款認証料のほかに印紙代がかかります。

電子定款を活用すれば、このうち印紙代の4万円がかからないため、その分安くすることが可能です。ただし、電子定款を作成するためにはソフトや機器が必要になり、4万円以上かかることがあります。そのため、自分で購入して行うとなれば、結局は紙で行った方が安かったということにもなりかねません。代行業者を活用して会社設立を行うと、自分で行うよりも3万円ほど安くすることが可能です。

これは、代行業者の手数料が1万円程度の場合です。代行業者はもちろん電子定款を用いますが、手数料が1万円程だとすれば、印紙代で浮いた分の4万円から1万円を引くと3万円が残ります。自分で機器を購入すると絶対に1万円以上はかかってしまいますので、自分で会社設立を行うよりも安くなるわけです。どうしてそんなに安く会社設立代行をしているのかというと、多くの場合は将来の需要を見込んでのことです。

このサービスを行っているのは士業の方がほとんどですが、顧問契約を将来的に結んでもらったり、相談などに利用してもらったりすることができれば、そちらで利益を出すことが可能です。あらかじめ顧問契約を条件としているケースもあれば、特にそういった条件は設けていないけれど、相談に使えるクーポンを渡しているケースもあります。どこを利用するかは、信頼できるかどうかを見て、適切に会社設立ができる代行業者を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *