会社設立代行業者選びで注意すること

会社設立代行業者はたくさんありますが、それぞれどういった方が運営しているのかを調べる必要があるでしょう。

その理由は、会社設立代行をしている人によって扱えることが異なってくるからです。例えば、行政書士は、登記申請に関する書類を作成することができません。また、当然登記申請代理も法律的にはできないです。したがって、行政書士が行っている会社設立代行業者は登記申請は自分でしなくてはならなくなります。また、これは税理士や会計士も同様です。登記申請が可能なのは、弁護士と司法書士です。つまり、オールインワンで行ってもらいたいなら、これらの士業がやっているところか、提携しているところを選びましょう。

おすすめは提携しているところです。弁護士や司法書士が行っているケースは、利用料金が他士業と比較すると高いです。その点、提携しているケースでは、利用料金自体は安くされていることが多いので、行政書士や税理士が行っているサービスの方がコストを抑えることが可能です。どこまで行ってくれるのかはそれぞれ異なりますが、前述の理由から、登記についても特に理由なく可能としている行政書士等の士業が運営している会社設立代行業者は要注意です。登記申請を本人名義で行うことで代わりに行っているケースがありますが、それは違法です。もし何らかの法的なトラブルに発展してしまった場合、自分にも不利益が被る可能性があるため、業者選びの際には注意しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *