電子定款を利用する流れ

電子定款を利用するには、まず文書作成ソフトで定款のドラフトを作成します。

どのようなものでも構いませんが、最終的にはPDFファイルにする必要があるので、その点に注意が必要です。法令で規定された項目を記載して完成したら電子署名が可能なPDFファイル作成ソフトで変換します。次に電子証明書を市区町村で取得します。

これは印鑑証明書と同じような効力がありますので大事に扱いましょう。甲府には個人番号カードや交付手数料が必要なので用意しておきます。住民基本台帳カードや個人番号カードに保存してもらって終了です。

次に公的個人認証サービスに利用できるICカードリーダーを使ってカードに保存された電子証明書を読み込みます。最後に法務省登記供託オンライン申請システムからPDF署名プラグインを入手して、保存した電子証明書を電子定款に埋め込んで送信します。

無事送信が完了すると自動的に公証人役場に送られて認証されます。受け取り時にはUSBメモリ電子定款のプリントアウト2通、発起人全員の印鑑証明書、電子署名した発起人以外の印鑑証明、認証手数料、身分証明書、印鑑がないと渡してもらえません。

十分注意しましょう。内容に不備があると認証をし直してもらわなければいけないことになり認証手数料5万円が余分にかかることになります。無駄な出費を抑えるためには注意深く確認しましょう。心配であれば行政書士に依頼した方が安く済ませることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *