電子定款を作成する時のコツ

電子定款の最大のメリットは印紙税の4万円がかからないと言うことです。

ただし、4万円をそのまま使わなくて済むと考えるよりは有効活用した方が効率的に処理することができます。それは浮いた分で行政書士を利用すると言う方法です。最近では定款の作成に書面でも電子でも文書作成ソフトウェアを使います。そこまでは費用的にも手続き的にも変わりありません。

出来上がったものをプリントアウトして使うか電子署名が使えるPDFファイルに変換するかの違いです。どちらの場合も重要なのは記載されている内容です。一度提出した定款は公証人によって認証してもらう必要があり、その費用は5万円かかります。

もし、記載に不備があり、修正のための変更が必要になると、また認証が必要になり費用が発生します。それでは印紙税で浮いた分がなくなってしまいます。電子定款の場合、印紙税の4万円が浮いているので、その分を行政書士への依頼に利用すると安心です。

プロの目線で確認してもらえば不備は減るため、二度手間になることもありません。依頼する時の費用も浮いた分で十分賄えるはずです。電子定款にして印紙税が丸々浮いたと喜ぶのか、行政書士への依頼費用を捻出したと考えるかによってその後のリスクがだいぶ変わってきます。

自分でしっかりとできるようであれば問題はありませんが、個人として定款作成の経験がある人はほとんどいないため、確実に安心できると言うことはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *