電子定款を作成するために必要な費用

電子定款を作成することによって会社設立にかかる印紙代が不要となり4万円が節約できることになるという解説がされていますが、実際には電子定款を作成するためにかかる費用があります。

単純に4万円の費用が全てなくなるわけではなりませんので注意が必要です。まず、電子定款の作成において不可欠なのがマイナンバーカードです。以前は住民基本台帳カードが使用されていましたが現在は廃止されており、マイナンバーカードのみとなっています。

公的機関から発行される証明書ですので、カード取得には費用がかかりません。しかし、マイナンバーカードの情報を読み込んで電子署名の手続きを済ませるためには、専用のICカードリーダが必要になります。

安いものであれば1000円程度からあります。必ず公的個人認証サービス対応のものを購入してください。また電子定款の作成に当たっては、基本的なテキストの入力や体裁を整える作業についてはマイクロソフトのワードをしようしますが、これを改ざんが出来ないPDFファイルへと変換するために専用のソフトが必要です。

一般的に使用されているのはアドビ社のアクロバットで、1500円程度です。実際にかかる費用は以上のようなものですが、あとは手続きが煩雑であるため貴重な時間が割かれます。

オンラインで完結することはとても楽で、しかも4万円が浮きますので電子定款を活用することをおすすめいたしますが、費用と時間はかかることをお忘れなく。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *