電子定款を利用するには

定款とは会社を設立するさいに必要なもので、会社の目的やルールなどを定めた書類のことです。

会社は設立時に作られた定款にもとづいて運営することが求められ、これらは会社を登記するさいに必要になるものであり会社にとっては憲法のような存在になります。このため定款は単なる書類ではなく公的に認められたものである必要があります。

従来の方法としては定款を作成し法務局に登録することになり、このさいに手数料として印紙を貼る必要があります。また定款を作るためには公証役場での認証が必要です。公証役場では定款の認証手数料は5万円、定款に貼る印紙代が4万円で、それに謄本交付料が1ページあたり250円で約2千円程度必要です。

これら定款を認証してもらった上で法務局で登録免許税として株式会社の場合には最低でも15万円を納める必要があります。一方で定款の認証では電子定款では印紙代が発生しません。

電子定款は会社設立を代行する業者や公証役場などで用意されていることもあり、印紙代4万円を節約することができます。一方で個人が電子定款を利用することは可能ですが、この場合にはパソコンやソフトウェアなどを用意する必要があるなどあまり現実的ではありません。

このため電子定款を利用するのは業者を利用した場合に限られます。なお、印紙代は節約することはできますが、電子定款を利用した場合には手数料が発生し約2万円程度の費用を支払う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *