電子定款なら自分で簡単にできるという誤解

オンラインで手続きが完了する電子定款のシステムが導入されたことによって、これまで公証人役場に赴く必要があった手続きが簡略化されました。

また、紙の資料には貼り付けが必要だった印紙代が不要ですので4万円の節約にもなります。現在の会社設立においては電子定款が一般的となっています。

電子定款はPDFファイルを使用してオンラインで行う手続きであることから手続きが簡略化されたことは事実ですが、はじめて経験する個人が自ら手続きを行うことは決して容易な作業ではありません。

まず、電子定款には電子署名というオンラインで個人を証明する手続きが必要です。この電子署名にはマイナンバーカードが使用されますが、パソコンなどに情報を取り込むためには、公的証明に対応しているICカードリーダを購入する必要があります。

ICカードリーダそのものは1000円から3000円程度で誰でも簡単に購入することが出来ますが、その設定作業などには苦労する方も多いです。また、定款のPDFファイル化にあたっても専用のソフトをインストールしなければなりません。

これまでの紙での作成では文書作成ソフトのみで可能でしたが、ここでも少し技術的なハードルがあります。仮に会社設立の手続きそのものを代行業者に任せた場合でも、現在は大半の業者が電子定款を使用していますので、印紙代の4万円の支払いを求められることはありません。

さらにICカードリーダなどの機材を既に保有しているために、安い金額で手続きを進めてくれますので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です