電子定款で得をすること

企業などの法人では定款の作成が必須で、公証役場などでの認証が欠かせません。

このとき電子定款という形で申請を子なうことで、通常の紙ベースでの定款の際に発生する印紙税4万円の支払いをしなくても済みます。そのためこの形式での申請が多くなっている現状です。

しかしながらこの申請では紙の際にチェックしてもらえる公証役場での対応がありませんし、電子定款で申請をしてしまうとそれがそのまま通ることになります。窓口などで一度は赴いてチェックを受けた上でこの形での申請を行うことで、より確実な申請が可能になるわけです。

行政書士などの士業の専門家に代理での申請を依頼する場合には、この電子定款での申請が可能かどうか事前にチェックをすることも依頼者側は留意する必要があります。印紙税が発生する場合その負担はあくまで依頼者側ですから、行政書士が支払ってくれるわけではありません。

行政書士などの依頼先が電子定款での申請が可能かどうかをチェックし確認の上で依頼を行うことで、節税が期待出来ます。もし行政書士など士業の専門家に依頼をしない場合には、自ら行う必要があります。

このとき初めて申請を子なうような場合で必要な器具類であるカードリーダなどですがこうしたものが準備できないときには、電子定款申請が出来なくなります。事前に用意をするべきものをしっかりと準備した上で申請を行うことと、その申請前に公証役場にてチェックを受けた後で正式に行うことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *