電子定款を行うべき2つの理由

定款を電子ファイル(PDFファイル)で作成し、オンラインで認証手続きを行うプロセスのことを電子定款と言います。

会社設立の際には必ず行う必要がある定款の認証をオンライン化したものですが、これには大きく2つのメリットがあります。まず第一に、事業を始めるにあたって初期の費用を抑える効果があります。電子定款では、紙の定款の作成に必要だった印紙の貼りつけが不要となるため、4万円の印紙代の支払いが不要です。

実際には、PDFファイルを作成するためのソフトや、電子署名を行うためにICカードリーダの購入が必要となりますが、高性能なものを購入したとしても合計で5000円程度の費用で済ますことができます。

第二に、電子定款を行う方が従来通りの紙で行う手続きに比べて、実際に公証人役場へ出向く必要がなくなるなどの時間を節約できるメリットがあります。事業開始時には、全ての時間を本業に充てることで少しでも利益を生む行為に集中したいですから、定款にかかる手続きが簡略化されたことのメリットは金額では計り知れません。

このように電子定款という新しい仕組みを活用することには大きく2つのメリットがあり、4万円の会社設立費用の減額と、手続きにかかる時間の短縮化が実現します。

以前として紙で申請手続きを行う方法の方が情報量が多く、公証人役場で実際に質問をしながら作業を進められるというメリットがありますが、既に標準となりつつある電子定款を活用することをおすすめいたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *