電子定款についての基礎知識

定款は会社等の目的・組織・活動の基本的な規則やその内容を定めたものを言います。

定款は別名「会社の憲法」と言う様な表現をされ、その会社が(会社の構成員も含めて)絶対に順守しなくてはいけない事です。この定款は昔は紙で記録していましたが、電子媒体の爆発的普及により、現在は紙だけでなく電子媒体で記録する事ができそれが「電子定款」になります。

紙で記録するより、簡単で、保存する場合もあまりスペースを必要としない事が利点です。電子定款は自分で作成する事も出来ますが、専門家に依頼した方が間違いが無くコストパフォーマンス的には専門家に任せる方が良いとも言え、専門家は「税理士・司法書士・行政書士・ネット業者」等になります。

自分で、電子定款を作成する場合に注意した方が良い事は、絶対的記載事項を必ず記載しなくてはいけないと言う事です。この絶対的記載事項を記載しない場合は定款自体が無効になり意味が有りません。

電子定款のメリットは、印紙税が不要になる事です。紙ベースの定款の場合には印紙税が必要になりますが電子ベースの場合には印紙税が不要になります。つまり、会社設立の際必要とする費用を抑える事が出来ます。

電子定款のデメリットは、作成時に機器やソフトを用意しなくてはいけない場合が有り、この際に数万円必要となる場合が有ります。コストパフォーマンス的には、専門家に依頼した方が良い場合が多いので、作成時に相談だけでも専門家に軽く相談するのが最善です。法律も関係してきます。

絶対的記載事項の他にも、相対的記載事項も関係してきますので、やはり専門家に相談するのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です