会社設立代行に任せても電子定款のメリットあり

電子定款という仕組みによって会社設立費用が安く抑えられるようになり、作業が簡略化することで時間の節約も同時に実現していますが、自分で全ての申請手続きを行うよりも、やはり代行業者に任せる方がメリットが大きいです。

電子定款によって抑えられる会社設立費用と言えば、印紙代の4万円です。紙の定款には貼り付けが必要だったものですが、電子ファイルを提出する電子定款では貼り付けが不要なのです。代行業者に依頼した場合には、ほぼ全ての業者がこの電子定款を利用して手続きを進めています。

ですから既に、多くの業者では印紙代の請求を一切行っていません。また電子定款の作成に当たっては電子署名という作業が必要になります。この作業にはマイナンバーカードを用いますが、専用のICカードリーダが必要にあります。

年間に数多くの会社設立の手続きを行っている代行業者は、必ずこのICカードリーダを保有しています。自分で手続きを行う場合には、ICカードリーダを新規で購入する必要がありますので、その分の費用がかかります。

僅か2000円前後の機器ですが、他の用途でしようすることは滅多にありませんので、会社設立のための費用となります。代行業者では現在、こうした作業にかかる手数料について格安で代行を行っているケースが多いです。

ご自身でICカードリーダを購入したり、PDFファイル作成のためのソフトを購入した場合の合計金額とほぼ同額で、代行業者が手続きを行ってくれます。ですから、代行業者の活用が賢い選択だと言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *